>  > 不感症の女性との対戦

不感症の女性との対戦

この前行った池袋のデリヘルでは非常に大変な思いをしました。私は風俗が好きでよく遊びに行くのですがその中でもそのデリヘルで会った女の子がこれまでに出会ったことがないような女性でした。どのように大変だったかと言うと、その女性は不感症なのか全く感じることもないと言う特徴があったのです。しかも特に痛がるというわけでもなく何も感じないと本人は言っているのです。私は手で女性自身を喜ばせることに自信を持っていたのでそのフィンガーテクを駆使したのですが彼女はうんともすんとも言いません。あまり長い時間自分の体を動かしていたので腱鞘炎になったのではないかと心配するほどでした。しかしそれでも彼女は全く動じないのです。彼女からは自分から攻めようかという申し出もあったのですが、うんともすんとも言わない彼女に対してすっかり萎えてしまった自分としては、あまり彼女からサービスを受ける気にもならず、そのまんま休んでしまったのです。そして特にフィニッシュを迎えることもないまま時間を迎えました。なんとも微妙な経験でした。

[ 2015-01-22 ]

カテゴリ: 首都圏の風俗体験談